司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士の違いってわかりますか?簡単に言ってしまえば、弁護士が出来ることの一部を司法書士も出来ると言えば解り易いかもしれません。債務整理などを行う際には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などありますが、140万を超える債務額かどうかによっては司法書士に出来ることは限られてしまいます。140万を超えない債務額の場合は、司法書士でも交渉権と訴訟代理権がありますが、それを超える債務額の場合には、司法書士は交渉権と訴訟代理権が無くなり、書類作成をすることしか出来ません。それに対し弁護士は、140万を超える債務額でも交渉権と訴訟代理権があります。

あなたが債務整理を司法書士依頼をした場合、結果として任意整理では解決できず、自己破産や個人再生などの手続きへ変更せざるを得なかった場合には、原則として、改めて弁護士に依頼し直す必要がでてきます。債務整理について司法書士ができることと弁護士が出来ることを理解すれば、債務整理にかかる費用と時間を少なくすることが可能です。

司法書士が出来る債務整理としては、借金の総額が140万以内なら交渉権があり、それを超える場合は交渉権と訴訟代理権は無く書類作成のみ可能です。そして司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみとなっており、自己破産や個人再生の申し立ては出来ませんが、書類を作ることができます。

弁護士が出来る債務整理としては、借金の総額が140万以内でもそれ以上でも交渉権と訴訟代理権があります。地方裁判所で処理される債務整理は弁護士のみに訴訟代理権が認められています。自己破産の申立をしたり、個人再生の申立をしたりする場合は弁護士に頼まなければなりません。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ