そもそも司法書士とは?

司法書士とは、法務省が実施する筆記試験と、それに合格した者を対象にした「口述試験」に合格した人に与えられる国家資格で、主に他人の依頼を受けて登記・供託に関する手続きをする人のことを言います。

司法書士は、弁護士や税理士と似ていると思われますが、それぞれには決められた役割があります。司法書士の主な役割としては、法律事件の解決や書類作成業務、登記業務といった法務局に提出する書類を作成します。司法書士に依頼する人の理由は様々ではありますが、相続財産管理人、遺言執行者、破産管財人、成年後見人、不在者財産管理人、などの業務を行う場合もあり、依頼者の代理となって裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類を作成します。この他にも、過払い請求などの場合にも司法書士が債務者の代理となって書類を作成し裁判所へ提出する書類を作成する場合もあります。

ここで気になるのが、弁護士と司法書士の違いですが、弁護士は民事事件や刑事事件の大小関係なく依頼者の代理人になることができるのに対し、司法書士は金額が140万円を下回る民事事件の場合のみ依頼することができるというところです。司法書士が代理人となれるのは簡易裁判所の事件のみと決められています。

依頼する費用も弁護士と司法書士とでは異なり、なかなか予約ができない弁護士とは違って、司法書士は、日頃の起こりうる何かの手続きや問題を、書類作成することによってスムーズに解決する方法をアドバイスしてくれるエキスパートとも言えるでしょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ