借金の時効ってあるの?

Q:借金には時効がありますか?あるなら時効は何年くらいですか?

A:貸金業者から借りた借金の消滅時効は5年になります。しかしながら、時効は単に期間が経過しても時効の援用をしなければ成立しません。自らが時効ですということを積極的に主張する必要があります。これを時効の援用と言いますが、あなたがそれをすることによって、初めて時効の利益が得られ返済義務が消滅することとなっています。返済をしなくなってから5年経ったからと言って、あなたが何もしないままでいれば時効が成立することはありません。そしてこの5年間の間に1円でも支払っていれば時効にはなりません。時効の援用は、内容証明郵便で主張することで可能です。その文面に、支払う意思があるような内容を記載した場合は時効の中断になります。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ