任意整理

任意整理にかかる費用ですが、必要となる費用は、着手金と報酬金が必要になります。この2つの費用は、あなたが依頼した司法書士や弁護士によって異なりますのでしっかり調べておく必要があります。

一般的な着手金としては、あなたがお金を借りた1社につき約2万円で弁護士や司法書士に依頼することができるようですが、中にはそれよりも高い着手金を必要とする資金業者もあるようです。この着手金は、あなたが代理人(司法書士や弁護士)に依頼した件数分を支払わなければなりません。同じ名前の債権者からお金を借りていても、支店が違うところで借り入れをしている場合には、その分の着手金も必要になります。

報酬金は、債権者との合意が成立するたびに必要になります。これも約2万円と言われていますが、更に債権者主張の元本と和解金額(代理人が債権者へ提示した額)の差額の1割を報奨金として支払うこととなります。もしも、任意整理をして過払いが発生している場合には、それに加えて過払い金の2割が報奨金として必要になります。

任意整理の時間ですが、和解が成立するまでの時間は依頼する弁護士や司法書士によっても異なります。返済の期間としては、だいたい3年くらいの期間で返済をしていくことを進められますが、中には3年以上の返済期間で和解を進める場合もあります。しかしながら、再計算を行って将来の金利を排除した上での返済ですので、毎月の負担が少なるといっても、3年以上の期間になると返済が滞りがちになり、再び生活環境が悪循環になってしまう方も多いようです。

債務整理の方法にはこの他にもありますが、本当で任意整理という方法で良いのかじっくり考えて、今の自分の状況をよく理解した上で、一番自分に合った債務整理の方法を選びましょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ