任意整理

任意整理とは、あなたが自身がお金を借りている債権者と直接の和解交渉を進めていくのではなく、あなたと債権者との間に司法書士や弁護士が任意整理の代理人として変わりに和解交渉をすることを言います。今現在もお金を借りていて返済している方が債務整理をするのが任意整理といい、すでに完済している方がするのが過払い請求といいます。この任意整理で必要となる費用ですが、依頼する弁護士や司法書士に今のあなたの経済事情を説明し、しっかりと相談した上で費用を分割で払うということも可能になりますのでまずは相談してみましょう。

借金返済の生活を長く続けていると、今まで順調だった生活にも影響があり、毎月の返済のことを考えるあまり、心身にも影響が出るほど悩んだりしていませんか?返済するためには毎月の収入が必要となりますが、返済が苦しくなってくると、今働いている会社よりも収入が良い条件の会社に転職したり、再び他のローン会社で借金をしてしまったりと、返済することばかりを考えているだけでは悪循環になってしまいます。任意整理では、手続きを開始すると同時に債権者からの取立行為がその日からストップしますので、まずは一呼吸して、あなたの心と生活を立て直してください。

任意整理の手続きを開始するにあたっての注意点ですが、任意整理は借金の返済が困難な方とってメリットとなる場合もあれば、今後の生活状況によってはデメリットとなる場合があります。

任意整理のメリットとしては、すでに説明したように、毎月の返済が苦しくて返済期日をいつも守れないという方にはとてもメリットがあります。任意整理が開始すると同時に債権者からの取立行為がストップするという他にも、司法書士や弁護士に依頼した任意整理で必要となる費用を分割で支払うことも可能になります。過払い請求などが成立している場合は、その過払いで戻ってきたお金から任意整理の費用を差し引いてもらうことも可能です。あなたが依頼する司法書士や弁護士との信頼関係の元で任意整理は進められますので、少しでも返済に関することで不安に思う事などがあれば、その場できちんと説明して話合いましょう。

任意整理のデメリットとしては、裁判所といった公的機関を利用しないので、債権者との和解案の話を進めていくにあたって、こちら側が債権者へ提示した和解案への強制力というものがありません。あなたが任意整理の手続きを依頼した司法書士や弁護士によっても異なりますが、利息制限法による再計算をして、残った元本以上の減額をするのは難しいと言われています。そして任意整理の手続きを行うと、再び急な出費でお金が必要になったとしても、5年~7年間は借り入れが出来なくなり、勿論、自分名義のクレジットカードは失うことになります。

任意整理の特徴として、このようにメリットとデメリットがあります。今後は借金をしない生活を送るという心構えと、借りたお金を返済したいという気持ちがあれば、あなたが依頼した司法書士や弁護士との信頼関係を保つことを念頭に、新しい人生のスタートを切ることが出来ます。任意整理では、債権者が債務者への取立行為をする事は法律で禁じられています。取立行為に悩む生活から安心して働ける生活へ。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ