過払い請求デメリット

過払い請求を行った場合のデメリットですが、司法書士や弁護士などに依頼した場合には、債権者との和解交渉を進めていくうえで、依頼した代理人(司法書士や弁護士)の所へ何度か足を運ばなければなりません。そうなると、あなたが仕事をしている場合は、その日は仕事を休むか、数時間の間だけ会社から抜け出さなくてはならなりません。

そして次に、債権者と和解交渉を行っていることが信用情報機関に登録され、5年から7年くらいは借り入れができなくなります。債権者が強硬な場合は解決まで時間を要したり、最悪なケースでは訴えを起こされてしまうこともあります。

過払い請求のデメリットとして更に細かく言えば、あなたの代理人によっても戻ってくる過払い金が異なるということです。あなたが依頼した司法書士や弁護士が過払い請求に慣れていなかったりすると、過払い金が減額されることになったり、毎月の返済額を債権者から多く要求されたりすることもデメリットと言えるでしょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ