過払い請求とは

過払い請求(過払い金返還請求)とは、貸金業者に支払わなくても良かったはずの利息分の金額を返還請求する事です。今現在も借金を返済している場合行う債務整理は任意整理といいます。

資金業者にお金を借りるということは、少ない金額であっても利息を支払わなければなりませんが、利息の上限は利息制限法という法律で定められており、借入金が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合には18%、100万円以上の場合には年15%と上限を定めています。資金業者はそれを超えた利息を受け取る法律上の権利は無く、制限利息を超過している部分の利息契約は無効と定めています。あなたが借りたお金に対する利息はいくらに設定されているでしょうか?

資金業者が定めた短期間内で全額返済すれば、無利息でお金を借りられるという資金業者もありますが、過払い請求は、利息を多く払い過ぎた人が出来る請求です。借りた金額に対する利息を制限利息によって定められた利息よりも多く、そして長期間の返済をしている方が過払いをしていることになります。借金返済をしていてもなかなか元本が減らなくて、返済してはまた借り入れをして、という同じ繰り返しをしているなんてことはありませんか?金融業者に長期間継続して返済している人は、残りの返済額が減額できる場合があります。既に支払が終わっている場合でも、あなたが払い過ぎたお金は返ってくる場合もあるのです。

過払い請求をするには、自分が借り入れをした資金業者との契約内容や取引履歴を知る必要があり、そのためには資金業者へ連絡をとらなければなりません。お金を借りた本人が資金業者に直接連絡をして、必要な書類を郵送してもらうということは可能ですが、すんなりと資金業者が取引履歴などを送ってくれる可能性は低いと言われており、ほとんどの方が司法書士や弁護士を通して過払い請求を行っています。

過払い請求は、完済後の10年以内なら請求することが可能です。10年以内に完済をした覚えがある方は、司法書士や弁護士に相談してみましょう。お金を借りる際の金利は出資法と利息制限法により定められています。利息制限法を越える借り入れをしている人は、過払い請求が出来る可能性がありますので調べてみましょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ