自己破産

自己破産とは、裁判所を通じて今あるすべての借金を0にする手続きのことを言います。この自己破産は、破産法という法律によって定められている国の制度で、多額の債権により返済不能となった人が、「この債務者は返済する能力がない」と裁判所に認められることで自己破産を受けることが可能になる制度です。しかしながら、この自己破産制度を受けるためには、いくつかの規定があり受けられない場合がありますので、自己破産を受ける時のメリットとデメリットを把握しながら、今の自分の状況で自己破産が受けられるかどうなのかを理解した上で手続きを進めてください。

自己破産という言葉はあまり耳にしない言葉だとは思いますが、この自己破産という制度をきっちりと理解している人は、実際に自己破産を経験した人の中でも少ないようです。平成17年1月1日よりも以前の自己破産というイメージでは、「自己破産をすると一生まともな暮らしも出来ず、財産は無く密かに暮らしていく」というイメージを持つ方が多かったと思いますが、平成17年1月1日に施行の新破産法により、ある程度の財産を残すことが可能となりました。このことにより、自己破産制度は今まで以上に利用しやすく、借金返済が難しく家庭環境にも影響があった人を救済するための制度としても自己破産制度を利用する方は年々増加しています。

自己破産を受けるには、まずは裁判所に自己破産の申し立てをして免責の許可をもらうことが必要となります。免責の許可が通ればすべての借金が0になるわけですが、必ずしも免責の許可が下りるというわけではありませんので、自分が免責不許可事由に各当していないかをまずは知る必要があります。

免責不許可事由として挙げられるのが、自己破産をすることがわかっていたにも関わらず、クレジットカードで家電製品や自動車などを購入した場合や、自己破産の申し立てをすることを予め決めていて、その直前まで所有していた土地の名義を他の者の名義にしたり、必要のない物を購入し、それを売却してお金にしていたという場合は免責不許可事由に各当します。しかしながら、この免責不許可事由には、自己破産を受けようとする時の状況と、過去の状況というものが細かく関係しますので、免責不許可事由に各当するからと言って必ずしも自己破産を受けられないというわけではなく、状況や理由によっては自己破産を受けられる場合がありますのでよく調べて理解する必要があります。

免責不許可事由では、あなたがどのような理由で借金をすることになり、どのような理由でそれが払えなくなったのかを重点的に調査します。再び自己破産を受けようとしている方は、過去7年以内に自己破産の免責を受けている場合、事情によっても異なりますが自己破産を受けられない場合もあります。自己破産を受けるには、まずは最初に免責許可事由に各当していないということと、申し立てをする時点でのあなたの借金すべてが調査の対象となるという事を覚えておいてください。今時点でのあなたの借金すべてを把握していますか?

自己破産のメリットとしては、やはり借金が全額免除されて0になるということと、免責決定を受けた後は返済義務がなくなり、その後に得た収入は自由に使えるということが一番の大きなメリットと言えます。そして毎日のように悩まされていた取立て行為がストップするということ。どの債務整理でもそうですが、弁護士や司法書士などに依頼した場合には、依頼した専門家が介入した時点から各債権者の取立や督促がストップしますので、毎日のようにビクビクしていた取り立ての電話や手紙などが無くなれば、落ち着いて今後を立て直す余裕も生まれますよね。戸籍謄本や住民票には記載されることもなく、家財道具等の財産もそのまま保有できます。気になるのが、自己破産を受けた後の収入源となる仕事と会社ですが、自己破産を受けたということが市町村役場の破産者名簿に記載されることにはなっていますが、免責決定がされれば抹消されることになっており、自己破産を理由に会社を解雇されるということもありません。

自己破産によるデメリットですが、マイホームや土地、自動車といった高価値財産は処分されることになっています。自己破産を受けた時に無職だった場合は資格制限を受けることとなり、破産決定後に一定の職に就けなくなることがあります。自己破産は免責を受けることで可能になる制度ですが、再び自己破産を受けようとしている方で、7年以内に免責を受けている場合は新たに免責を受けることができなくなります。免責決定がされれば抹消されることになっている官報や破産者名簿への記載ですが、これもデメリットのひとつとも言えます。もちろん新たに借り入れをすることは一定期間できません。

自己破産は債務整理の最終手段と言われています。今のあなたの状況をよく知っているのはあなた自身です。他の債務整理を考えた上でどうしても自己破産を選らばないといけないのであれば、自己破産のメリットとデメリットをよく理解し納得した上で自己破産の手続きをしましょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ