どちらに依頼すべきか

司法書士や弁護士に依頼することがあった場合、何を基準にどちらを選べば良いのでしょうか?ここでは債務整理をする場合を考えて進めていきますが、やはり最初は依頼する時の費用がどれくらいかかるかによって、どちらを選ぶかも考えが変わりますよね。でもその前に、あなたの債務額がどれくらいになるかによっては司法書士に依頼せず、最初から弁護士に依頼したほうが良いという場合もありますので、安易に選ばずに今の自分の借金の状況を把握してから選ぶようにしましょう。そしてもうひとつは、債務整理が解決するまでは依頼した司法書士や弁護士との信頼関係の元で話が進められていきますので、相談した時に少しでも不安を感じるようなら、少しの違いであれば費用の事は考えず、少し高くなるところであっても自分が信頼できるほうに依頼しましょう。

債務整理の費用ですが、1件につき4万円プラス消費税がおおよその金額と言われています。過払い請求になれば回収額の10%から20%が妥当な過払い金回収の報酬額と言われていますが、それよりも多く請求している司法書士や弁護士もありますのでよく調べてから依頼してください。債務額が140万を超える場合は司法書士に依頼せず、弁護士に依頼しなければなりません。司法書士は140万を超える債務額の場合は交渉権と訴訟代理権がなく書類作成しか出来ません。債務額が140万を超えていると解っている場合には、はじめから弁護士に依頼することをお勧めします。

任意整理から自己破産へ移行となった場合は、簡易裁判所ではなく地方裁判所で扱うことになっていますので、司法書士ではなく弁護士に依頼しなくてはなりません。司法書士には地方裁判所での交渉権と訴訟代理権が無いからです。

過払い金が発生する場合ですが、これも140万を超える過払い金が発生している場合には、地方裁判所の管轄になり、司法書士では扱えなくなります。過払いの金額が140万以上だと解っている場合には、初めから弁護士に依頼すべきでしょう。しかしながら、債務整理の相談をする時に、利息制限法も理解していない状態で司法書士に相談している方も多いと思いますが、そこから過払い金が発生しているということが解り、その合計が140以上だった場合には、それを調べるために必要になった費用を司法書士に支払ってから、改めて弁護士に依頼し直さなければなりません。

すべて弁護士に依頼すれば問題ないというものではなく、場合によっては司法書士に依頼するほうが早く解決することができたり、スムーズに終わることもありますが、債務整理する場合はまずはあなたが信頼できると感じるほうに依頼することが重要になります。債務整理は早くても3ヵ月くらいかかります。時にはプライベートな内容も話さなければなりませんので、話しやすく、長い期間信頼できるということと、債務整理が終わるまでしっかりと相談に乗ってくれるほうを選びましょう。

  • 「債務整理相談ナビ」は債務整理に役立つ、弁護士事務所、法律事務所、司法書士事務所の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ